『カンバン:自動車革命』に高い評価、ドイツ・ザウアーラント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年ゲーム会の評価アンケートを実施しているザウアーラント・ゲーム会(Spieletreff Sauerland)は今年の結果を発表した。1位には『カンバン:自動車革命』が選ばれている。
ザウアーラント・ゲーム会は毎年11月に10日間、ドイツ中西部の年ヴィリンゲンのホテルを会場にして行われるゲーム会。全日でも2食付き472.50ユーロ(69000円)で参加できる。ボードゲームは協賛する出版社が提供。今年は22社が協賛している。
176名の参加者にお気に入り度を6段階で投票してもらった結果は以下の通り。日本でも発売されたばかりのアメリカのボードゲーム『カンバン:自動車革命』が1位となっている。シュピールでは話題に上がらなかっただけに注目されるタイトルだ。
2位と3位には昨年度の新作『イスタンブール』と『コンコルディア』が入り、シュピールのスカウトアクションのベスト3だった『アクアスフィア』は32位、『オルレアン』は8位、『春秋戦国』は18位。昨年、このアンケートで『テラミスティカ』が選ばれていたことを考えると今年のベストゲームは混戦模様といえそうだ。10位以内のランキングは次の通り。
1位:カンバン:自動車革命(Kanban: Automotive Revolution / ストロングホールド)1.60
2位:イスタンブール(Istanbul / ペガサスシュピーレ)1.86
3位:コンコルディア(Concordia / PD出版)1.89
4位:ブラック・フリート(Black Fleet / スペース・カウボーイズ) 1.91
5位:ウルク2(Uruk 2 / DDD出版)1.92
6位:パッチヒストリー(Patchistory / ディンコーゲームズ)2.00
7位:ネプチューン(Neptun / クイーンゲームズ)2.03
8位:オルレアン(Orléans / dlpゲームズ)2.05
9位:宝石の煌き(Splendor / スペース・カウボーイズ)2.06
10位:古代II(Antike II / PD出版)2.08
10位:金星の商人(Merchant of Venus / ハイデルベルガー)2.08
(1最高〜6最低の6段階評価。平均によるランキング)
Spieletreff Sauerland:Spiele nach Rangfolge

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です