Posted in な行

ネッシーを追え!(Loch Ness)

俺、ネッシーの出るとこ知ってるんだ 去年のエッセン国際ゲーム祭では『エジツィア』、一昨年は『パレ・ロワイヤル』なんかを出していたハンス・イム・グリュック社の新作にしては、イラストがファミリーゲームすぎると思っていた。対象年齢が低めだし、ゲーム紹介を読んでも運の要素が大きそうである。そこで始めから、同…

続きを読む ネッシーを追え!(Loch Ness)
Posted in た行

ダコタ(Dakota)

西部開拓のゴタゴタ 先住民と開拓者に分かれて、陣営の利益を守りながら個人の得点を伸ばすイタリアのゲーム。今年のエッセン国際ゲーム祭で発表され、日本語版がホビージャパンから発売されたばかり。このところドイツでは見かけなくなったエリアマジョリティ(多数決陣取り)ゲームである。コマ1個の差が勝敗を分けるシ…

続きを読む ダコタ(Dakota)
Posted in ルール

カルカソンヌ拡張:ペスト(Die Pest)

(spielbox 2010年6号付録) このバリアントでゲームは劇的に変わります。国中で猛威をふるうペストによって、地形のつながりが重要性を増します。平和に見える序盤の後、すぐにペストのため得点がほとんど取れないように思われてきます。でもそれは思い違いです。伝染病はうまく相手の方にそらし、渦中のペ…

続きを読む カルカソンヌ拡張:ペスト(Die Pest)
Posted in ルール

『世界の鉄道カードゲーム』バリアントルール

(文:Rael) 『世界の鉄道カードゲーム』とも呼ばれる表題のゲームは、一般的に長時間を要する鉄道輸送ゲームの面白さを、短時間で手軽なルールにまとめ上げようとした意欲作である。 その狙いは数ページの簡単なルールと、たった30分程度のプレイ時間で見事に表現されているのだが……さすがにゲームが早過ぎて、…

続きを読む 『世界の鉄道カードゲーム』バリアントルール
Posted in 国内ニュース

『ギフトトラップ』日本版発売

アークライトは本日、プレゼント交換ゲーム『ギフトトラップ』日本版を発売した。3〜8人用、12歳以上、45〜60分、4200円。 2006年にカナダで発売され、ドイツ年間ゲーム大賞パーティゲーム賞、ゲーム100選・ベストパーティゲーム、スウェーデン年間ゲーム大賞イノベーション賞など受賞したパーティゲー…

続きを読む 『ギフトトラップ』日本版発売
Posted in イベント

今度の日曜日はTGF

国内のボードゲームイベントではゲームマーケットに次ぐ規模となるテーブルゲームフェスティバルが、28日(日)、東京都立産業貿易センター(東京・浅草)にて開催される。10〜17時。入場料200円(高校生以下無料)。前情報がほぼ出揃ったところで、今回の見どころを見ておこう。 まずはデッキ構築ゲーム。ワンド…

続きを読む 今度の日曜日はTGF
Posted in 国内ニュース

『カタンの開拓者』携帯キャリーケース版発売

ジーピーは本日、『カタンの開拓者』携帯キャリーケース版を発売した。3〜4人用、60〜90分、2100円。 1995年の発売以来、世界中で1500万セット販売されたドイツゲームの王者が3度目の日本語版となって登場。プレイヤーは無人島に入植し、資源を集めて街を拡げる。ダイスあり、交渉あり、陣取りありの総…

続きを読む 『カタンの開拓者』携帯キャリーケース版発売
Posted in 国内ニュース

『じゃんけんしょうぎ』発売

学研は22日、「頭のよくなるゲーム」シリーズの新作『じゃんけんしょうぎ』を発売した。全国の書店などで取り扱われる。1500円。 R-TOYの梅田龍一氏の作品。グー・チョキ・パーがあるさいころ形のコマを使って、じゃんけんしながらコマを取り合う。コマを転がして移動し、じゃんけんで勝てば相手のコマを取り、…

続きを読む 『じゃんけんしょうぎ』発売
Posted in た行

トリックマスター(Stich-Meister)

トリテの達人 毎回みんなが出したルールでトリックテイキングを競うカードゲーム。奇才フリーゼがデザインしたゲームで、期待に違わぬ楽しさが詰まっていた。 15枚×4スートのプレイカードと一緒に入っているのは、同じ枚数(60枚)のルールカード。基本ルールに関するもの、切り札に関するもの、得点方法に関するも…

続きを読む トリックマスター(Stich-Meister)
Posted in レポート

庄内ゲーム会

山形県庄内地方で活動しているボードゲームサークル「ブラット」に参加。ホームページとミクシィでのみ告知しているにも関わらず、このところ参加者が増えているそうで、今回も8人2卓となった。同じ時間帯に『マジック:ザ・ギャザリング』のサークルも活動しており、ほかにもTRPGからボードゲームに移った人たちが遊…

続きを読む 庄内ゲーム会