今度の日曜日はTGF

国内のボードゲームイベントではゲームマーケットに次ぐ規模となるテーブルゲームフェスティバルが、28日(日)、東京都立産業貿易センター(東京・浅草)にて開催される。10〜17時。入場料200円(高校生以下無料)。前情報がほぼ出揃ったところで、今回の見どころを見ておこう。
まずはデッキ構築ゲーム。ワンドロー(A)では協力型の『はやぶさ君の冒険』を新発売、ブロッコリー(B)ではグループSNEが製作中の『エンドプレイカー!』がテストプレイできる。ホビージャパン(I)はシリーズ最新作『ドミニオン:繁栄』を先行販売。アークライト(P)は発売したばかりの『リトルバスターズ! エクスタシーカードゲーム』や『サンダーストーン』が購入できる。同人ではGOTTA2(37)の『3SUKUMI』がある。
次に先月のエッセン国際ゲーム祭で発売になった新作輸入ゲーム。メビウスゲームズ(C)はハンス・イム・グリュック社やアミーゴ社、プレイスペース広島(G)はアドルング社やレゴ社、ホビージャパン(I)はエッガート社やハリケーン社、ゲームストアバネスト(V)はクワリ社などを用意している模様。韓国ヴィジョナリー社(M)の新作にも注目だ。
それから日本語版では、ホビージャパン(I)が『ドミニオン:繁栄』のほか『レース・フォー・ザ・ギャラクシー:帝国対反乱軍』を先行販売し、アークライト(P)が『ギフトトラップ』日本ローカライズ版を発売、ジーピー(O)は昨日発売したばかりの『カタンの開拓者』携帯キャリーケース版を出展する。
そしてオリジナルゲームでは、エッセン国際ゲーム祭からの凱旋出展をはじめ注目作がずらり。ワンドロー(A)の『RRR』、ピグフォンの『バスストップボードゲーム』『トラッカーズ1.5』、カナイ製作所(6)の『舞星』ほか、OKAZU brand(15)がゲームマーケットで評判の高かった『EKIDEN』を、Qvinta Essentia(16)が『キャット&チョコレート/ビジネス編』を販売する。また冒険企画局(T)の新作パーティゲーム『フルーツランド』、ゲームマーケットで注目を浴びた遊星からのフリーキック(く)の『ビーンストーク』、海外展開を始めた高天原(1)の『日本書紀』なども要チェックだ。
最後に書籍。先月発売されたムック『アメージングテーブルゲーム』(L)、売り切れになっていた『ドイツゲームでしょう!』を改訂増補した2010年版がグランペール(R)から、またトレカ番長&FT書房(こ)では『ドミニオンきまぐれカード批評』『アグリペディアvol.1〜3』が販売される。
ほかにも最近発売されたボードゲームや次のゲームマーケットで出展されるゲームのテストプレイなど、1日では遊びきれないたくさんの作品が出展される。恒例のスタンプラリーや、各ブースでもお楽しみイベントなども盛りだくさん。今度の日曜日は浅草へゴー!
テーブルゲームフェスティバル2010F:当日配布用パンフレット

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です