Posted in

進撃の巨人:最終決戦(Attack on Titan: The Last Stand)

最後の一撃、間に合うか? アニメ・映画化もされている諫山創の人気コミックを、ゲーム大賞作家のボザがボードゲーム化した作品。アメリカで発売されたものだが、コミック発信地の日本で発売されるかどうかはまだ分からない。版権の関係で簡単にはいかないかもしれない。 プレイヤーのひとりが巨人役となり、残りが人間と…

Posted in 日本語版リリース

『世界の七不思議:デュエル―パンテオン』多言語版、11月中旬発売

ホビージャパンは11月中旬、2人対戦文明発展ゲーム『世界の七不思議:デュエル』の拡張セット『パンテオン(Pantheon)』の日本語含む多言語版を発売する。デザイン・A.ボザ&B.カタラ、イラスト・M.コワンブラ、2人用、10歳以上、30~45分、3400円(税別)。 国際ゲーマーズ賞2人部門、アラ…

Posted in  ゲームマーケット

外人ダッシュ!!(Gaijin Dash!!)

「よし、いったか?!」「あー、ダメだった!」 渋谷のスクランブル交差点は、実は外国人に人気の観光スポットだ。一度に3000人が渡る様子が珍しがられ、交差点をバックにして自撮り写真を撮る人も。その中で、赤信号でもかまわず渡ろうとする外国人をテーマにしたゲームが『外人ダッシュ!!』である。動体視力を駆使…

Posted in 日本語版リリース

『星の王子さま:その先の物語』日本語版、8月下旬発売

ホビージャパンは8月下旬、サン=テグジュペリの小説を題材にしたフランスのカードゲーム『星の王子さま:その先の物語(The Little Prince: Rising to the Stars)』日本語版を発売する。A.ボザ、B.カタラ作、2~6人用、6歳以上、20分、4,000円(税別)。 2012…

Posted in 国産新作ゲーム

『進撃の巨人』がボードゲームに デザインはボザ&モーブロン

クリプトゾイク・エンターテインメント(アメリカ)は2016年、日本のコミック『進撃の巨人(英題:Attack on Titan)』をテーマにしたボードゲームを制作していることを明らかにした。デザインは、A.ボザとL.モーブロン(共にフランス)が担当する。 A.ボザは日本通で知られ、代表作に『世界の七…

Posted in

星の王子さまボードゲーム(The Little Prince)

意地悪ばかりのダメな星 サン=テグジュペリの有名な文学作品をもとにしたタイル配置ゲーム。『星の王子さま』は1978年に日本でアニメ放送されていたこともあり、懐かしい人も多いだろう。火山、バオバブ、バラといった物語中に登場するアイテムが、おなじみの癒されるイラストで描かれている。 16枚のタイルを並べ…

Posted in 国内ニュース

ボザ来日、サイン会も

京都のボードゲームカフェCafe Meepleは4月6日(日)、開店1周年を記念してパーティーを行う。その際、『世界の七不思議』『花火』のデザイナー、A.ボザ氏をフランスから招き、サイン会が行うことを発表した。10:00~12:00。 Cafe Meepleの一周年のパーティーとサイン会案内です。4…

Posted in ら行

ランペイジ:怪獣征服(Rampage)

大胆に、そして繊細に 怪獣たちが街を破壊して建物や人を食べるボードゲーム。人気のフランス人デザイナーによる遊び心あふれる作品である。制作発表から発売までに長い時間を要しただけあって、素晴らしいコンポーネントである。 建物は床タイルとミープル(人型のコマ)を重ねて作り、中央にサッカースタジアムがあるこ…

Posted in は行

花火(Hanabi)

阿吽の呼吸で打ち上げる みんなで協力して、5色の花火カードを順序よく出していくカードゲーム。2013年のドイツ年間ゲーム大賞で小箱のゲームとして初めて大賞に選ばれた。オリジナルはフランス語版で、日本では3年前から発売されていたが、ちょうど大賞受賞に合わせるかのように今月、日本語を含む多言語版が発売さ…

Posted in 日本語版リリース

『花火』多言語版、7月上旬発売

ホビージャパンは7月上旬、フランスのカードゲーム『花火(Hanabi)』多言語版を発売する。2~5人用、8歳以上、30分、1680円。 花火大会で、火薬と導火線と発射薬が誤って混ざってしまった。花火大会はすでに開始されパニック寸前! プレイヤーは花火師となり、互いに協力して、大惨事を防ごう。そのため…