アートワークを一新『世界の七不思議 第二版』日本語版、拡張と共に1月下旬発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは1月下旬、『世界の七不思議 第二版(7 Wonders Second Edition)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ボザ、イラスト・M.コワンブラ、3~7人用、10歳以上、30分、6000円(税別)。デザインをあわせた拡張セット『都市(Cities)』『指導者たち(Leaders)』の第二版も日本語版で同時発売となる。各3400円(税別)。

ドイツ年間エキスパートゲーム大賞など多くのゲーム賞を受賞し、発売以来全世界で100万個以上を販売したベルギーの文明発展ゲームが今年、アートワークを一新してリメイクされた。ルールの変更はないが、一部のカードの入れ替えや効果の変更がある。

世界の七不思議とは、ギザのピラミッド、ロードスの巨人像、アレクサンドリアの灯台、エフィソスのアルテミス神殿、バビロンの空中庭園、オリンピアのゼウス像、ハリカルナッソスのマウソロス霊廟のこと。各プレイヤーは七不思議の1つの都市を担当し、「世代」と呼ばれる3つのラウンドで発展を競う。

毎ラウンド、全員にカードを配って同時に1枚ずつピックアップしてプレイする。カードには、建造可能な資源生産、市民、商業、軍事、科学、ギルドの建物を表し、各世代の終了時には両隣のプレイヤーとの戦争もある。第Ⅲ世代が終了したら、自分の都市、七不思議、軍事力、財産からもたらされる勝利点を合計して勝敗を決める。

3人から7人までという幅広いプレイ人数、同時ピックアップドラフトによる待ち時間の軽減そしてカードの組み合わせによる繰り返しプレイできる戦略性と、発売10年経っても色褪せない作品を新鮮な気持ちで遊ぼう。

世界の七不思議 第二版
内容物:七不思議ボード 7枚、七不思議カード 7枚、世代カード 148枚、交戦トークン 46枚、コイン 60枚他

世界の七不思議:指導者たち 第二版
内容物:七不思議ボード 2枚、カード 49枚、ボーナスの都市カード 6枚、コイン 18枚、スコアシート 1冊、新たな効果の説明シート 3枚、ルールブック 1部

世界の七不思議:都市 第二版
内容物:七不思議ボード 2枚、カード 42枚、借財トークン 26枚、外交トークン 4枚、コイン 6枚、スコアシート 1冊、新しい効果の説明シート 3枚、ルールブック 1冊



(コンポーネント写真は英語版)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です