Posted in ニュルンベルク14

ニュルンベルク’14新作情報:アレア

   

ブラント夫妻の『サンマロ』、S.フェルトの『ボラボラ』と、硬軟どちらの作品も発表しています。今回は珍しくリメイクと、単品の拡張を発表します。 ★プエルトリコ2014年版(Puerto Rico: Neuauflage 2014) A.ザイファルト作、2~5人用、12歳以上、90~150分。 2002…

Posted in 日本語版リリース

『ベガス』日本語版、本日発売

   

メビウスゲームズは本日、ドイツのダイスゲーム『ベガス(Vegas)』日本語版を発売した。2~5人用、8歳以上、30分、3800円。 サイコロで1から6の目に対応する6つのカジノテーブルで、一番多くサイコロを置いて賞金を獲得するゲーム。8つのサイコロを一度に振り、対応するテーブルに置いて、各テーブルで…

Posted in は行

ボラボラ(Bora Bora)

   

南国の緻密な勢力争い オーストラリアの東に位置するフランス領ポリネシアの島ボラボラ。タヒチ島の近くにあり、新婚旅行先として人気がある。この島で部族を広げ、特殊能力をもった男女を集め、神殿に神官を送り込み、勝利点を競う。世界中のボードゲームフリークから現在、最も注目されているデザイナー、S.フェルトの…

Posted in シュピール12

シュピール’12新作情報:アレア

   

これまでの重量級ゲーム路線から一転、『ベガス』で評価された、アレアはその名前に相応しいダイスゲームを続けてリリースしています。 ★サンマロ(Saint Malo) M.ブラント、I.ブラント作、2〜5人用、9歳以上。今年2月のニュルンベルク国際玩具見本市で『ベガス』と共に発売される予定でしたが、秋に…

Posted in は行

ベガス(Vegas)

   

どのテーブルに行くか悩む 2012年度のドイツのゲームシーンを、年間ゲーム大賞広報のT.フェルバー氏は「ダイスの年(Das Jahr des Würfels)」と振り返る。その多くは『ボーナンザダイス』『ズーロレットダイス』『頭脳絶好調(インジーニアス)ダイス』など有名タイトルのダイスゲー…

Posted in ニュルンベルク12

ニュルンベルク’12新作情報:アレア

   

アレアはこれまでになく、ライトなダイスゲームを2タイトル発表します。 ★ベガス(Vegas) R.ドーン作、2〜5人用、8歳以上。 6つのカジノがあり、それぞれ異なる賞金が置かれています。自分の番には8つのサイコロを振って、1個以上をどこかのカジノに置かなければなりません。1の目は1のカジノ、6の目…

Posted in シュピール11

シュピール’11新作情報:ラベンスバーガー/アレア

   

★カーサ・グランデ(Casa Grande) G.ブルクハルト作、2〜4人用、8歳以上、30〜45分。 自分のエリアを確保して建物を建設します。建物の上に屋根をのせて、さらに上の階を作っていきます。屋根をのせるとき、ほかのプレイヤーの建物を使ってもかまいません。そうすることで、両者に利益が入ります。…

Posted in は行

ブルゴーニュ(Burgund)

   

1つのダイスからアクション無限 アレアが来春発売を予定している新作の試作版。作者のフェルトがアレアから発表するのは通算5タイトル目になる。エッセン国際ゲーム祭では、入り口にほど近いラベンスバーガーのブースから隔離され、奥まった9番ホールでひっそりとデモプレイが行われていたにも関わらず、次のゲームに入…

Posted in ま行

マカオ(Macao)

   

今日の卵より明日の鶏 資材を集め、建物や人物カードの能力を発動して、勝利点を上げるゲーム。アレアが2ゲームぶりに発売した大箱で、時間も4人なら2時間近くかかる重量級ゲームである。作者はこのところアレア・レーベルで作り続けているS.フェルト。すでに4作目となる。エッセン国際ゲーム祭の人気投票では『ヴァ…

Posted in 翻訳記事

アレア

   

ラベンスバーガーからハイデルベルガーへ (フェアプレイ81号抜粋) ダイスのロゴとともにラベンスバーガーの三角コーナーも印刷されていたアレア(alea)の販売がハイデルベルガー出版(Heidelberger)に移る。この決定は多くの人にとって驚きだった。ラベンスバーガー(Ravensburger)の…