第8回東北ボードゲームフリーマーケットを終えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月12日(日)、山形県長井市で第8回東北ボードゲームフリーマーケットが開催された。過去最高となる中古・創作・新作790品のボードゲームが出品され、222人の参加者が訪れた。

Tohokuflm8 1

親イベント「ぼくらの文楽」が地元有志によって「みんなの文楽」になって2回目。お笑いライブ、居合道演武、けん玉パフォーマンスなどのステージイベント、雑貨や食料品などのマルシェ、屋台などが出店した。インスタグラムの有料広告も行ってイベント全体では655名という、昨年を上回る集客。フリマ参加者も、午前中はライブやお買い物を楽しむことができる。

今年も例年通り、出品物には出品者・価格・状態などの情報が書かれたラベルを貼付し、出品者別ではなくおおよそジャンル別(入口近くから奥に行くにつれてキッズ、パーティー、ファミリ-、ゲーマー)に分類して並べた。同人ゲームサークル・るりるりゲームズ、海外輸入ゲーム販売のホヌゲームズも参加し、出品数は過去最高の790点に達した。ブース単位ではなく、1点売れるごとに50円という手数料で運営されているため、少数出品しやすく、ジャンルごとに並べられるのがこのフリマの特長だ。

Tohokuflm8 2
開場前の待機列

会計は出口前のレジでまとめて行い、終了後にラベルを分けて精算する。レジ係は値段を読み上げる人、計算して合計金額を伝える人、金銭を授受する人の3人体制で、山積みのボードゲームをもってくるお客さんに対応する。また他のスタッフも空いたスペースに下からボードゲームを出したり、質問に対応したり、値引き交渉をしたりと大活躍。

開場前の待機列は60人で、最終的にのべ222名の参加し、442点が売れた。1時間ほどしたら値引きを行ったこともあってお目の高い愛好者が何度も会場を巡回し、2時間ずっと人が絶えることがなく、レア度に比して価格が安いものは確実に売れていった(一般に輸入ゲームは値崩れしないが、国産同人は数百円でも売れない)。

今回も下の階にボードゲームを遊べるスペースが設置されていたが、フリマのお客さんがそちらにいく時間はあまりなかったようだ(そちらはそちらで、小さいお子さんがひっきりなしにキッズゲームを楽しんでいた)。前夜から泊まり込みで値札付け(や麻雀や映画)だったスタッフは、終わってから出品者と一緒に恒例の鍋パーティー。新しい出会いもあり、有意義なひとときを過ごすことができた。

11月開催が2年続いたが、さすがに山形はこの時期寒いので、次回はもっと温かい時期への変更が検討されている。

Minbun23 Tohokuflm8 3

過去のレポート:第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。