日本語版ボードゲーム発売、4年連続で年間200タイトル超

今年1年に発売された海外ボードゲームの日本語版は225タイトルであることが当サイトの調べで分かった。200タイトルを超えるのはコロナ禍前の2019年から4年連続。

2015年からのボードゲームカフェ急増と同時期に日本語版も増えてきたが、ボードゲームカフェはコロナ禍で打撃を受けたのに対し、日本語版はペースを維持。2020年のステイホーム特需の後もペースを落とすことなく、230タイトル前後で推移している。

1週間に4タイトルというハイペースなリリースの中で、売れるゲームとそうでないゲームの格差が広がっている。売れるゲームはすぐ品切れとなって再入荷まで時間がかかるうちにプレミア価格となり、ほとんど話題にならないまま投げ売りされてしまうものも見かける。即売り切れか売れ残りかの二極化が進むと、ショップはコンスタントに利益を上げることが難しい。

1ヶ月程度で移り変わっていく流行を追いかけていては1タイトルにつき1,2回しか遊べないが、ボードゲーム会やボードゲームカフェでは話題のゲームでないと一緒に遊んでくれる人が少ないのも現実。メンバーに合わせたスマートなチョイスが以前にも増して求められている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です