『カヴェルナ:狂乱の魔物たち』日本語版、2月上旬発売

ホビージャパンは2月上旬、『カヴェルナ:狂乱の魔物たち(Caverna: Fiese Feinde)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:U.ローゼンベルク、&J.マイルホファー&K.H.ケトル、イラスト:K.フランツ、1~7人用、12歳以上、プレイ人数×30分、5280円(税込)。プレイするためには『カヴェルナ』基本セットが必要。箱絵を一新した基本セットも再販される。

ドワーフたちが森林と洞窟を切り拓く農場経営ゲームの拡張セット第2弾(第1弾『忘れられた部族』とは組み合わせ不可)。今度は恐ろしいオークたちが森から洞窟に向かって攻め込んでくる。畑や牧場を略奪し、家族を脅かすオークたちに武装して立ち向かおう。

各プレイヤーボードの森林にオークが出現し、収穫のときにカードで指示されたパターンで洞窟に近づいてくる。途中に罠を仕掛けたり、犬と一緒に戦ったりして退治すれば報酬が得られるが、退治できないと洞窟にまで入り込み、部屋を占領されたり、家族が人質に取られたりして得点を失ってしまう。

しかしオークは話が通じる面もあり、賄賂を渡してどいてもらったり、あまつさえ味方にして追加のワーカーにしたりすることもできる。新しい得点パターンだけでなく、ファンタジー世界の想像力をかきたてられる拡張セットだ。チャレンジングなソロキャンペーンも入っている。

内容物:カード 60枚、マーカー 150枚以上、複数パーツの報酬ボード 1組、オークイベントボード 4枚、部屋タイル置き場ボード 10枚、新しい部屋タイル 25枚、トラップタイル 30枚、ルールブック


写真はドイツ語版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です