図書館にボードゲーム購入費100万円を寄附 富山砺波

砺波図書館(富山県砺波市)で、将来を担う子どもたちのためにボードゲーム購入費として100万円が寄附され、121種類、242セットのボートゲームが導入された。図書館でのイベントでの利用や、福祉施設、学童保育等への貸出を行う。

寄附したのは吉田一衛氏。市の元社会福祉協議会長で、昨年も大型絵本の購入費を寄附している。今回は妻の3回忌に合わせ、新しくチャレンジしてほしいと寄附した。購入されたボードゲームはハバ社のキッズゲームを中心に、ウイングスパン、アズール、フィヨルド、アウスクール、私の世界の見方、インカの黄金、トーキョーハイウェイまでさまざま。

図書館は「学びをつなぐ図書館」「世代間を超えた交流の場」を目指し、ボードゲームを活用していきたいという。早速26日、年長から小学校高学年を対象にボードゲームイベント「図書館 DE ボードゲーム」が開催される。

砺波市立図書館:ボードゲーム購入費としてご寄附いただきました

図書館とボードゲームに関する関連記事
福岡県内の図書館6館で展示企画「ゲームで読書しませんか?」
書籍『図書館とゲーム―イベントから収集へ』
図書館でボードゲームの館外貸出始まる 熊本
図書館でボードゲーム貸出 山中湖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です