プランテーション開発から流通まで『コーヒートレーダーズ』日本語版、11月17日発売

Engamesは11月17日、『コーヒートレーダーズ(Coffee Traders)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:R.サフル&A.スピル、イラスト:J.ラボー&D.ヴァン・パリドン、2~5人用、12歳以上、120~150分、16500円(税込)。

キャップストーンゲームズ(アメリカ)から2021年に発売された作品。作者は『ワイルドキャッターズ』のコンビで、ゴールデンギーク賞の重量級ゲーム部門にノミネートされている。1970年代、コーヒー商社として中南米・アフリカ・アジア各地でコーヒー畑を開発し、フェアトレードで栽培されたコーヒー豆を世界中に販売する。

プランテーション、ワーカー、ロバ、ジャコウネコを配置し、トレーダーを派遣してコーヒー豆の確保や建築を行う。収穫されたコーヒー豆を手に入れ、そのコーヒー豆で契約を達成し収入や勝利点を得るというのがラウンドの流れ。これを3ラウンド行って勝利点を競う。

アクションポイント制のプランテーション開発、5ヶ所の地域でのエリアマジョリティ、契約達成のセットコレクション、プレイヤーボードでパラメータ管理と、ゲーマー要素がたっぷり詰まった重量級ゲーム。プラスチック製のコーヒー豆やメタルコインなど、コンポーネントにもこだわった作品だ。

内容物:ゲームボード 1枚、プレイヤーボード 5枚、木製駒類 387枚、タイル類 122枚、プラスチック製コーヒー豆 90個、メタルコイン55枚、得点記録用紙 1冊、2人プレイ用ボード 1枚、ルールブック1冊

Engames:コーヒートレーダーズ


(写真は英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です