ライバルをトラップにかけて生き残れ『遺産は俺のモノ』日本語版、9月22日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジーピーは9月22日、『遺産は俺のモノ(La Course à l’Héritage / 13 Dead End Drive)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:M.マラ&D.ウェイマン、2~6人用、8歳以上、30分、4180円(税込)。

オリジナルは1993年、ミルトン・ブラッドレー社(アメリカ)から発売された作品。その後、欧米で各言語版が発売されてきたが、今回の日本語版は2021年にランサー社がアートワークを一新した新版に基づく。立体コンポーネントのトラップで相手を出し抜き、生き残ってアガサ氏の遺産を相続することを目指す正体隠匿系ゲーム。

屋敷の中には12人のキャラクターが歩き回っているが、どのキャラクターがどのプレイヤーに割り当てられているか秘密(1人で複数キャラクターを担当する)。手番にはダイスを振って好きなキャラクターを移動させる。トラップに入ったキャラクターはカードを引いてアウトならば脱落(カードで捜査官が出ると捜査官が進む)。

こうして最後の1人になるか、誰かが出口から出るか、捜査官が到着すればゲーム終了。1人生き残ったプレイヤーが勝者となるが、その前でも暖炉の上には肖像画が掲げられており、肖像画になっているキャラクターが出口から出るか、そのときに捜査官が到着すれば、そのキャラクターを担当しているプレイヤーが勝者となる。

肖像画はゾロ目で変えることができ、サドンデス勝利のチャンスがあるが、当然他のプレイヤーからトラップにかけられるだろう。あえて危険を犯して自分のキャラクターをトラップにかける手もあり、他プレイヤーをあざむきつつ、自分のキャラクターをいかにタイミングよく動かしていけるかが勝負。立体コンポーネントのトラップギミックも見どころだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。