ごちゃまぜになった2つのお題を当てる『ワードコンセプ塔』7月1日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨツハシは7月1日、『ワードコンセプ塔』を発売する。ゲームデザイン:下垣内光晴&松永媛香、イラスト:横井百美&山口朱音、3~9人用、8歳以上、30分、1980円(税込)。

日本酒のラベルや地域情報誌を制作してきた同社が2021年に始めたカードゲーム部門「kamiasobi」の第4弾。これまでの『七福神めくり』『神さま日本酒でございます』『神さま日本酒おつぎします』から一転、クールなグラフィックの正体隠匿ワードゲームである。

「パンツ/メガネ」「トラ/シマウマ」といった似て非なる2つのお題を、親(ジャッジ)が「それを色で表すとしたら?」などのオーダーカードで質問して当てる。他のプレイヤー(レジスタンス)はランダムに白のお題と黒のお題が割り当てられており、親はそれぞれ何枚ずつかは知っているが誰がどちらかは知らない。

2~3周で当てる時間となり、親は2つのお題を両方当てれば5点。さらに誰がどちらのお題だったかまで当てられれば当てた人数だけ加点される。他のプレイヤーは親が外れると得点できる。交替で全員が親をして合計得点を競う。

他のプレイヤーは親ができるだけ得点できないよう、ウソにならない範囲でいかに撹乱できるかがポイント。オーダーカードには「赤ちゃん言葉で説明する」などといったミッションが出ることもあり、親がわからないときはもう1周質問できるジャッジメントカードもある(ただし使うと減点になる)。2系統の回答の違いをいかに見分け、そこからうまく正解を推理できるか、親のひらめきが試される。

内容物:お題カード 36枚、オーダーカード 33枚、役職カード 8枚、ジャッジメントカード 3枚、得点カード 1枚、カードスタンド 1枚

kamiasobi:ワードコンセプ塔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。