アクションドラフト&フォローで秘境開拓『ブーンレイク』日本語版、6月30日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Engamesは6月30日、『ブーンレイク(Boonlake)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:A.プフィスター、イラスト:K.フランツ、1~4人用、14歳以上、80~160分、9350円(税込)。Engames系列のボードゲームカフェ「リブレスト」では6月17日から先行販売される。

オリジナルはdlpゲームズから昨年秋に発売された作品。『マラカイボ』に続く、同社のプフィスター作品である。「ブーンレイク」という湖の周辺の忘れられた秘境を開拓するゲーム。

アクションドラフト&フォローシステムがゲームの特徴。手番には7つのアクションボードから1枚を選び、その一部アクションを他の全員も行う。地形を探索し、家を建て、家畜を育て、インフラを整備していくが、自分のアクションによって他のプレイヤーも恩恵を受けるので、賢く選ばなければならない。逆に他のプレイヤーが選びそうな選択肢で損をしないように準備もしておこう。

また選んだアクションボードによって自分の船が進み、進んだ先の特典が得られる。以前に選ばれていなかったアクションほど船が多く進む仕組みだ。

二層構造のプレイヤーボードに、165枚のプロジェクトカード、120個以上の木製コマなどコンポーネントも充実。プレイヤーの選択だけでなく、これらのコンポーネントによってゲームごとに多彩な展開が楽しめる。仮想プレイヤーと対戦するソロプレイモードあり。

内容物:ゲームボード 1枚、ニ層式プレイヤーボード 4枚、事業カード 165枚、建物タイル 42枚、木製駒 128個、レバータイル 36枚、生産拠点タイル 16枚、ソロタイル 10枚、アクションボード 1枚、アクションストリップ 7枚、花瓶タイル 14枚、コイン 62枚、得点計算タイル 16枚、得点計算マーカー 16枚、100/200点マーカー 4枚、スタートプレイヤートークン 1枚、ルールブック 1冊

Engames:ブーンレイク日本語版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。