『レース・フォー・ザ・ギャラクシー:拡大の輪舞』日本語版、6月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは6月上旬、『レース・フォー・ザ・ギャラクシー:拡大の輪舞(Race for the Galaxy: Expansion and Brinkmanship)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:T.レーマン、イラスト:、1~6人用、14歳以上、30~60分、5500円(税込)。プレイするためには『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』(初版、第二版どちらでもOK)が必要。

昨年日本語版が発売されたSFカードゲーム『レース・フォー・ザ・ギャラクシー(第二版)』に合わせて既存の拡張セット3つを改訂し、オールインワンにした。オリジナルはリオグランデゲームズ(アメリカ)から今春発売されたばかり。

新たな初期ワールド4つと「目標」選択ルールが追加される『嵐の予兆(The Gathering Storm)』、新たな初期ワールド3つと「占領」選択ルールが追加される『帝国対反乱軍(Rebel vs Imperium)』、新たな初期ワールド4つと「威信/探索」ルールが追加される『戦争の影(The Brink of War)』が入っており、6人まで遊べるようになるほか、段階的に導入したり、好きなものを選んで追加したりできる。

カードのデザインは色覚多様性に対応した『レース・フォー・ザ・ギャラクシー 第二版』に揃えてあり、ルールに若干の調整が行われている。ソロプレイルールやドラフトルールもあり、プレイの幅を広げる。

内容物:初期ワールド 11枚、ゲームカード 104枚、アクションカード 18枚、VPチップ 16枚、目標タイル 20枚、目標VPチップ 10枚、威信リーダータイル 1枚、探索シート 1枚、威信/探索カード 6枚、威信チップ 30枚、占領ディスク 1枚、軍事スライド 6枚、木製キューブ 24個、特殊軍事カウンター 16枚、1人ゲーム用マット 1枚、専用ダイス 2個、マットタイル/カウンター 21個、1人ゲーム専用ルールブック、自作用「空白」カード 22枚


(写真はドイツ語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。