腐食する設備の生産管理ゲーム『コロージョン』日本語版、6月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは6月上旬、『コロージョン』日本語版を発売する。ゲームデザイン:S.バウアー、イラスト:D.ロハウゼン、1~4人用、12歳以上、60~120分、7150円(税込)。

ディーププリントゲームズ(ドイツ)から昨年秋に発売された。工場内に立ち込める蒸気による施設の腐食を上手くコントロールし、最も効率的な生産サイクルを目指すエンジンビルドゲーム。

各自、自分の工場ボードと技師カードをもってスタート。手番には技師カードをプレイして工場設備を増やしたり新しいエンジニアを獲得したりするか、腐食ホイールを回して工場を稼働させる。工場を稼働させるたびに機械が劣化し、最後は廃棄しなければならない。どんどん入れ替わっていく設備のコンボを考えるだけでなく、腐食しない防錆加工の機械を増強して、安定した生産を目指す。

各プレイヤーが持つ個人ボードの中央に備え付けられた腐食ホイールによってゲーム時間を管理する。ホイールを進めることで工場は稼働するが、装置は消耗し技師は時間が経つまで手札に戻らない。手に入れた各種リソースも適切に使用しないと、時間経過とともに破棄する羽目になってしまう。また、腐食ホイールが進むにつれてゲームの終了も近づいてくる。時間と生産ラインの両方の管理力が問われる。

内容物:ディスプレイボード 1枚、プレイヤーボード 4枚、工場ボード 4枚、技師カード 48枚、装置トークン 72枚、歯車 72枚、褒賞トークン 16枚、時計トークン 8枚、得点マーカー 96枚、木製水トークン 20個、レンチトークン 1枚、得点記録用紙 1冊、ルールブック 1冊


(写真は英語版)

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。