ディストピアSFでコンボビルド『レッド・ライジング』日本語版、5月12日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは5月12日、『レッド・ライジング(Red Rising)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:A.シュミット&S.ステグマイヤー、イラスト:J.デイヴィス&M.ベンスキー&J.ウォン、1~6人用、14歳以上、45~60分、5720円(税込)。ゲームマーケット2022春にて先行販売。

アメリカのSF作家P.ブラウンによる同タイトルのディストピア小説シリーズに基づくボードゲームで、オリジナルはストーンマイヤーゲームズ(アメリカ)から2021年に発売された。階級に支配されたディストピア世界で支持者や優秀な仲間たちを集めて、頂点を目指すコンボビルドゲーム。

5枚の手札から1枚をボード上にプレイして効果を発動させ、山札か場札から補充する。14種類あるカードの色は階級を表しており、それぞれ「特色」を持っている。最上級のゴールドは単独で高得点をもたらすが、デメリットも抱えている。逆に最下級のレッドは単独ではほとんど得点にならないが、多く集めることで凄まじいコンボを狙うことができる。

使用する112枚のカードは全てユニークで、どのカードを揃えるか、それともリソース獲得に集中するか、多彩な戦略が楽しめる。1人で遊べるオートマルール付き。

内容物:ヘリウムトークン 60個、影響力トークン 60個、艦隊トークン 6個、スタートプレイヤートークン 1個、帝位トークン 1個、派閥タイル 6枚、ゲーム盤 1枚、スコアシート 1束、ライジングダイス 1個、ルール説明書 1冊、オートマルール説明書 1冊、キャラクターカード:112枚(65mm×100mm)、早見表カード 6枚(65mm×100mm)、ソロルール用カード類 30枚(57mm×87mm(25枚),65mm×100mm(5枚))

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。