今度はヨーロッパ第一次大戦『主計将校:1914』日本語版、4月下旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは4月下旬、『主計将校:1914(Quartermaster General: 1914)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:I.ブロディ、アートワーク&グラフィックデザイン:N.アヴァローニ、2~6人用、13歳以上、90~120分、7150円(税込)。

『主計将校:第二次世界大戦の補給戦』から、舞台を第一次大戦のヨーロッパに移した戦略級シミュレーションゲーム。オリジナルは2016年の発売。

プレイヤーは中央同盟国(独、墺洪と土)、あるいは協商国(英仏、仏伊、露)のいずれかに属する国を受け持ち、国別のカードデッキでプレイする。毎手番1枚のカードをプレイして軍隊の建設・戦闘・イベントを実行し、星付きの補給スペースの占領や、カード上に示されている戦略的条件に応じて勝利点を得る。

補給が鍵を握り、個々の戦闘だけではなく戦略的な行動を考えなくてはならない。17ラウンドで陣営の勝利点を競う(もしくは17ラウンドに至る前に12点差をつける)。

国ごとに国力とドクトリンを反映した特徴のあるカードになっており、陸スペースの種類(軽易地形・障害地形)や「損耗シンボル」、時間のかかる戦略的な計画を必要とする「準備シンボル」の存在が、第一次世界大戦の果てしない消耗戦を再現。『主計将校:第二次世界大戦の補給戦』と異なった戦略が要求される。

内容物:ルールブック 1冊、ゲームボード 1枚、勝利点マーカー 2枚、カード 216枚、木製陸軍駒 45個、木製海軍駒 16個、ラウンドマーカー 1枚、リマインダートークン 2枚、目標トークン 6枚、プレイヤーエイド 5枚

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。