花ドラフトゲーム『フロリフェラス』日本語版、3月10日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは3月10日、『フロリフェラス カードゲーム(Floriferous)』日本語版を発売する。ゲームデザイナン・E.バラフ&S.フィン、イラスト・C.カンパルドゥ、1~4人用、14歳以上、20分、3300円(税込)。

ペンシルファーストゲームズ(アメリカ)から2021年に発売された作品。ハーブ栽培ゲーム『ハーベイシャス(2017)』の後継で、今度は花や彫刻を集めて美しい庭園を作る。

場には色とりどりの花カードやアレンジメントカードなどが並べられ、庭師コマが上にあるプレイヤーから順番に、縦1列にある人数分のカードの中からドラフトする。次のラウンドは上にあるカードを取ったプレイヤーから。この『キングドミノ』方式で各自5枚のカードを獲得するが、全てのカードは最初から並べられているため、他プレイヤーが欲しそうなものを考えて先の先を読まなければならない。

5枚ずつ取ったら次に日になる。再びカードが並べられ、前の日の最終ラウンドの順番でカードをドラフトする。3日目でゲーム終了となり、アレンジメントカードなどで指示されたセットや集めた石トークンなど6種類の総合得点を競う。

花カードには、花の種類、色、ハチなどの昆虫が描かれており、全てユニーク。鮮やかで透明感のあるイラストで心が和む。また、カラスが花や石を盗んで邪魔するソロプレイモードもついている。

内容物:庭師コマ 4個、花トークン 12個、石トークン 24個、ルールブック 1冊、庭園カード 60枚、ボーナスカード 9枚、ティーカップカード 1枚、ソロプレイ用カード 10枚、早見表カード 4枚、願望カード 21枚(※カードサイズ:88×63mm、44×63mm)


(写真は英語版)

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。