『キャンバス:リフレクション』日本語版、2月26日発売

Engamesは2月26日、『キャンバス:リフレクション(Canvas: Reflections)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.チン&A.ナーガー、イラスト・L.フイン、1~5人用、14歳以上、30分、3960円(税込)。プレイするためには『キャンバス』基本セットが必要で、同日再販される。

透明カードを重ね合わせて目標を達成する絵画作成ゲームとして注目を浴びている作品の拡張セット。ロード・トゥ・インファミーゲームズ(アメリカ)から今月同時発売される作品だ。

裏返しにしても使える反転カードが戦略性に深みを持たせ、要素の組み合わせの自由度を高める。また、新たなゲームボードによって、パレットトークンが少ない時でも芸術カードの選択肢が増えた。

さらに金のボーナスアイコンの隣に特定の要素を並べるともらえる金リボン、新しい得点カードといった新要素も追加。箱は基本セットの絵と続いており、フック掛けの穴を使って壁に並べて飾ることもできる。

内容物:芸術カード 30枚、ゲームボード 1枚、金リボン 16枚、最優秀賞リボン 1枚、最高傑作リボン 1枚、パレットトークン 10枚、得点カード 8枚、背景カード 10枚、スリーブ 18枚

Engames:キャンバス日本語版
Engames:キャンバス:リフレクション日本語版


(写真は英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です