ドードー(Dodo)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆーっくり転がる卵に焦り

山の上から転がってくるドードーの卵が落ちないよう、橋をかけて船に載せる協力ゲーム。昨年のドイツゲーム賞でキッズゲーム賞を受賞している。よくぞ作ったと思う山と橋のギミックに、子どもでなくても心が躍る。

ドードーを倒すと卵が転がり始める。卵の中はどうなっているかわからないが、おそらくスライム状のものが入っているのだろう、信じられないくらいの遅さでゆっくりゆっくり斜面を転がっていく。

最初は橋が1つだけで、その先にはかかっていないので、上から順番にかけていかなければならない。橋は、ダイスを振ってチップをめくり、出た目と同じだったら橋の上に載せて、規定枚数貯まると山に取り付けられる。出た目と違っていたらチップを戻す。他の人が在り処を教えてもよいが、焦っているので他の人の言うことを聞く余裕もなく間違えまくってしまう。

こうして橋が下まで取り付けられると、最後は船を作る。これもダイスと同じ出目のチップをめくることでできあがる。できあがったら橋の出口に船を置いて、卵が船に入れば全員の勝利となる。

子供向けのスタンダードルールはチップの中にジョーカーがあり、必要な枚数も少なめだが、大人向けにジョーカーを取り除き、枚数を増やしたルールで挑戦。橋は最後までかかったが、あと3枚というところで船が完成せず失敗(写真はゲーム後に撮ったもの)。焦って闇雲にめくり間違えまくったのが響いた。

もし成功できたら、さらに連続で成功しないと橋や船が完成しないというルールにしてもよさそう。目を引くコンポーネントなので、今度は子どもたちに出して反応を見てみたい。

Dodo
ゲームデザイン・F.ベーベンロート&M.トイブナー/イラスト・C.ブーケ&P.マファヨン
コスモス(2020年)
2~4人用/6歳以上/10分

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。