シベリアへの旅で手柄を立てる『ストロガノフ』日本語版、12月17日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふるりん本舗は12月17日、『ストロガノフ(Stroganov)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.シュテディング、イラスト・M.ヤニック、1~4人用、12歳以上、90分、6600円(税込)。

16世紀、ロシア皇帝ツァーリの寵愛を得たストロガノフ家の一員となって、コサックの猟師たちにシベリアを開拓させるゲーム。シュテディング(『ハンザ・テウトニカ』『故宮』『ディ・シュタウファー』)がデザインし、今秋ゲームブルワー社(ベルギー)がキックスターターを経て製品化した。

春、夏、秋、冬を繰り返し、コサックたちはシベリアを探索し、狩りをして貴重な毛皮を得、砦を築く。4年間で皇帝の望みを叶え、力を維持し、ストロガノフ家の名をより輝かせよう。

手番には地形タイルにいるコサックコマを東へ進めた後、基本アクション(資源の獲得や交換など5種類)と、メインアクション(地形の獲得や皇帝の望みの獲得など5種類)を行う。これを春、夏、秋と3周行ったら冬になり、旗から馬を、物語から歌を獲得する。4年間が終わったら、達成した皇帝の望み、集めた地形セット、作った歌などが勝利点となり、合計を競う。

プレイヤーボードを裏返すとそれぞれ異なる特性でプレイでき、それぞれの戦略を取ることができる。仮想プレイヤーのイワンと戦うソロモード付き。

ふるりん本舗:ストロガノフ日本語版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。