以下ゲーム(Less Than Game)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だいたいボードゲームの値段

ランダムに割り当てられた金額を10万円以下か以上かで並べていく協力ゲーム。芸無工房がゲームマーケット2021秋に発表した。北条氏いわく「20枚でできるito」だそう。数字・数詞を含む単語をいうとペナルティを課される。

200円とか3500円とか1億4000万円といった金額が記されたカードが各プレイヤーに2~4枚配られる。審判となるイカプレイヤーを決めてゲームスタート。中央に10万円以上、以下というイカカードが置かれており、みんなで相談してその右か左においていく。全部並べたら表にして判定。一箇所でも間違っていたらイカプレイヤーの勝利、価格順に並んでいれば他全員の勝利となる。

「そのくらいの値段の品物名」を書いた付箋を貼る上級ルールでプレイ。数字・数詞を含む単語をいえないため、「ニンテンドースイッチ3台分」といった表現ができないのがきつい。ボードゲーマーばかりなので数千円~数万円あたりの価格帯は「グルームヘイヴン」「クイーンの大箱」などボードゲームでだいたい通じあえた。

以下ゲーム(時事ネタゲーム スーパー合体シリーズ)
ゲームデザイン・北条投了/芸無工房(2021)
2~9人用/30分
通販:ディスカバリーゲームズDDT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。