もしも勇者がいるのなら(The Brave and Tyrants)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最後の1枚がキャラ交換

カードを1枚ずつ一斉出しでプレイしていって、最後の1枚で勝利条件を満たすカードゲーム。ゲームマーケットでは2021秋の新作だが、昨年からクラウドファンディングが始まり、すでに発売されている。

最初に配られる7枚のカード構成は皆同じで、そこから使わない2枚を出してスタート。みんなが出したカードは中央に並べられ、どのカードがあと何枚出ていないか把握することができる。

残る5枚から1枚を選び、一斉にオープン。1番から順に能力を解決していって、他キャラクターの無効化やチップ(お金、信仰、革命)のやり取りを行う。こうして最後に残った1枚の勝利条件を満たしていれば勝利となる。同じキャラクターが複数枚出る(バッティングする)と効果が変わるところがポイント。

ゲームの軸となるのは「傲慢な王族」と「異世界勇者」。「傲慢な王族」だけ出ていると全員のチップは没収されてしまうが、「異世界勇者」はその効果を無効にしてくれる。見事ヒットすれば報酬もあるが、最後まで持っていても勝利条件がないので、「傲慢な王族」を狙って毎回のように出てくる。そこをかいくぐって「傲慢な王族」が通ったときは気持ちいい。

この2キャラクターが火花をちらしている間に、他のキャラクターでコツコツとチップを貯める作戦もある。「平和な市民」はバッティングしなければ2金、バッティングすれば1信仰と、どちらでも利益があり、「温厚な大司教」は信仰をもらえるがバッティングしたほうがいい。こうしたキャラクターを最後に残し、チップの数で勝利にもちこむ手もある。

勝ち筋はいくつもあるが、残ったカードをお互いに交換してしまう「愉快な道化師」もいるため、虎視眈々と狙っていても最後までどうなるかわからない。棚からぼたもち勝利や大どんでん返しがあって、最後まで諦めないでプレイできる。

もしも勇者がいるのなら
ゲームデザイン・宮野華也/イラスト・リヨ&すわありさ/アートワーク・別府さい
MOB+(2021年)
1~7人用/13歳以上/10~30分
通販:BOOTHボドゲーマイエローサブマリン

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です