15章の行く末は?『テインテッド・グレイル』日本語版、12月23日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは12月23日、『テインテッド・グレイル(Tainted Grail: The Fall of Avalon)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・C.ピスコルスキ&M.シェフェルコツ、イラスト・P.フォクソヴィツ他、1~4人用、14才以上、各120~180分×15章、22000円(税込)。

オリジナルはアウェイクンレルムス社(ポーランド)がキックスターターを経て製品化した作品。フランス年間ゲーム大賞でエキスパート部門にノミネートされている。200ページ超のシナリオ「探索日誌」で進めるキャンペーン型の協力ダークファンタジーゲームだ。

アーサー王伝説とケルト神話を融合させた世界が舞台。プレイヤーは勇者失格の烙印を押された5人のキャラクターを担当し、「アヴァロン」の崩壊を防ぐ。

道中遭遇するトラブルを、戦闘や交渉で解決し、一度訪れた場所を再度探索したり、実績を解除したりすることで物語が分岐していく。一見些細に見える行動が、後々自分たちを苦しめる可能性もあるので、慎重な選択が必要だ。選択肢を変えて異なるストーリーを体験することにより、さまざまな真相にたどり着くことができる。

アーサー王や円卓の騎士などが登場するが、それぞれ相反する意見を述べ、誰を信じればいいのかわからなくなってくる。果たしてアヴァロンの危機は救うことができるか。15章にわたる長い冒険が待っている。

内容物:キャラクタートレー 4枚、キャラクタータイル 5枚、高品質ミニチュア 9体、プラスチック製ダイヤル 10個、カード(大) 72枚、カード(中) 586枚、カード(小) 143枚、探索日誌 1冊(200 ページ)、ルール説明書 1冊、教則本 1冊、旅の記録シート 30枚、冒険地図&手紙 9枚、マーカー&トークン類 131個、特製ダイス 2個(※カードサイズ 大 (80×120mm) 中 (63×88mm) 小(44×67mm))

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です