動物パズルゲーム『サバンナパーク』日本語版、11月下旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは11月下旬、『サバンナパーク(Savannah Park)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・W.クラマー&M.キースリング、イラスト・A.ヘラー、1~4人用、8歳以上、20~40分、4950円(税込)。

ディーププリントゲームズ(ドイツ)の今秋の新作パズルゲーム。『リネイチャー』に続くクラマー&キースリングのコンビ作品で、スカウトアクションで7位に入っている。アフリカの中心部の自然公園でレンジャー(動物監視官)となり、動物たちを新たなスペースに移動させて、できるだけ大きな群れを作る。

各自、プレイヤーボードにランダムに動物タイルを並べてスタート。手番プレイヤーが指定した動物タイルを全員が取り、空きマスに移動して裏返す。移動先は公園内の空いている砂地、草地、樹木スペースで、岩や野火には移動できない。これを繰り返して全部の動物タイルの移動が終わったらゲーム終了で得点計算。

動物タイルは1~3匹の動物が描かれており、茂み1つのマスに隣接する1匹の動物タイル、茂み2つに隣接する2匹の動物タイル、茂み3つに隣接する3匹の動物タイルが得点。さらに、動物の移動でつぶさなかった草と木、動物ごとに連続している頭数×そこにある水飲み場が得点になる。

動物コマや収納用の箱のかわいさもポイント。木や茂みの位置を変えるルール、追加ボーナスのあるライオン入りルール、キッズ向けルール、ソロルールあり。

内容物:公園 4枚、トークン 168枚、得点ボード 1枚、木製ミーアキャット駒 4個、木製レンジャー駒 4個、木製ライオン駒 4個、折りたたみ式の箱 4つ、いくつかの選択ルールとソロモードを含むルールブック 1冊

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です