ダイスロンデルで資材集め『赤の大聖堂』日本語版、11月20日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すごろくやは11月20日、『赤の大聖堂(The Red Cathedral)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・I.センドレロ&S.サントス、イラスト・P.ソト&C.ロマン、1~4人用、10歳以上、30~120分、4400円(税込)。

スペインのゲームデザイナーコンビが制作し、デヴィル社(スペイン)から昨年秋に発売された作品。ドイツ語版が今秋コスモス社から発売され、シュピール’21のスカウトアクションで3位に選ばれた。モスクワの大聖堂を建築する一員として皇帝の評価を競うリソースマネージメントゲーム。

手番には自分の担当する区画を選ぶか、資材を市場で集めるか、資材を支払って建設するかのいずれか。資材集めは中央ボードでロンデル式になっており、ダイスを選んでその目だけ進め、移動先にあるダイスの目だけ資材を受け取る(ダイスはその都度振り直す)。

資材が揃ったら選んでおいた区画を完成させ、収入や得点が入る。区画にはエリアマジョリティの要素もあるので、資材の都合と合わせて考えなければならない。さらに完成した区画にドアや窓などの装飾を加えることもできる。

資源の所有上限に加え、建築現場へ一度に運び込める資源数の制限もあり、効率的に運用しなければならない。市場の動向やライバルの建築状況に臨機応変に対応する戦術と、先々を見据えた長期的な戦略の両方が計画性が求められる。

内容物:得点マーカー 4個、木材 20個、レンガ 20個、石材 20個、金 15個、緑の宝石 10個、紫の宝石 10個、市場ボード 1枚、個人ボード 4枚、資材タイル 8枚、工房タイル 28枚、装飾品 16枚、コイン(ルーブル) 40枚、カード 66枚、サイコロ 5個

すごろくや:赤の大聖堂

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です