ゲーム内ゲームで謎解き『ザ・イニシアティブ』日本語版、11月下旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは11月下旬、協力型謎解きゲーム『ザ・イニシアティブ』日本語版を発売する。ゲームデザイン・C.コニエツカ、イラスト・D.アルディラほか、1~4人用、15歳以上、30~60分、7480円(税込)。

『トワイライト・インペリウム』『ルーンエイジ』『ディスカバー』などを手掛けてきたコニエツカ氏が2019年に立ち上げた制作会社「アンエクスペクテッド・ゲームズ」から今年発売された作品。付属のコミックを読み進めながら、ゲーム内ゲームをして物語の謎を解明するキャンペーン型のナラティブな協力ゲームだ。

コミックの中の物語は1994年、4人のティーンエイジャーがガレージセールで謎のボードゲームを見つけるところから始まる。彼らに代わって、そのボードゲーム『The KEY』をプレイする。

『The KEY』はスパイアクションものの協力ゲームで、スパイとなってアクションカードを駆使し、侵入した建物内で機密を収集する。収集した機密の中には「コード」が含まれており、ミッションコンソールに差し込まれたミッションカードの対応する「窓」を開けることができる。こうして明らかになった文字や数字の並びから、ミッションカードの「目的」を推察し、謎を解く。

謎を解いたら次の章に進み、新しいミッションに挑戦する。ゲームで明らかになる謎は、物語中の現実に起こる事件と符合し、次々と秘密が明らかになっていく。物語が終わった後にも解き明かされるべき秘密があり、39ものミッションが用意されている。

内容物:ゲームボード(両面印刷)1枚・ルールシート 1枚、コミックブック(全48ページ)1部、アクションカード 5枚、人物カード 4枚、ミッションカード 41枚、リソースカード 40枚、秘密カード 30枚、スタンド 8個、トークン 59個など

(写真は英語版)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です