トレッキング・ザ・ワールド(Trekking the World)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目的地まわりの大渋滞

カードで移動して世界中の土産物を集めつつ、指定された名所を観光する旅行ゲーム。アンダードッグゲームズ(アメリカ)から発売された。

4ヶ所の目的地がオープンになり、各自3枚の手札をもってスタート。手番にはカードを何枚でもプレイして、その数ちょうどだけ自分のコマを移動する。「他のプレイヤーコマを追い越すことができない」というルールにより、目的地付近は渋滞が発生する。

止まったマスにお土産キューブがあればゲット。大陸ごとに最後のキューブを取った人、色別に最も多く集めているプレイヤーにボーナスがあるので、どこを通って目的地を目指すかも考えどころだ。

目的地にたどり着くだけでOKではなく、目的地カードに指示されたカードを支払ってはじめて、その目的地カードを獲得できる。カードが足りなければ次の手番はいったん目的地から離れなければならないので(移動はマスト)、移動に使うカードと支払うカードを振り分けて不足のないようにしたい。

目的地以外では、手札を補充するか、カード2枚を捨てて追加移動などの特殊能力が使える。こうして誰かが5枚の目的地カードを集めるか、6大陸のうち5大陸でおみやげキューブがなくなったらゲーム終了。目的地カードの得点やおみやげ最多ボーナスなどを合計して勝敗を決める。

カードは何枚でも使えるが補充は2枚だけなのでカツカツ。目的地カードは取られると新しいものが登場するが、次はどこが出るかわからない。たまたま近くに出現すれば嬉しいが、そうでないことも多いので、無駄足にならないよう、先取りできそうなところを目指す。また、目的地カードを取るとほとんど0枚になるので、そこからは回復するのに何回か手番を費やすことになる。無料の空港ワープを有効に使おう。

目的地カードのイラストが美しく、裏面にはびっしり観光解説があって、今どきなかなかできない旅行気分に浸ることができる。

Trekking the World
ゲームデザイン・C.ビンク/イラスト・C.ベルナートほか
アンダードッグゲームズ(2020年)
2~5人用/10歳以上/30~60分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です