アメリカTMG社が事実上倒産 『横濱紳商伝』英語版などを出版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカのYoutubeチャンネル「ザ・ダイスタワー」のニュース(7月29日)によると、アメリカのボードゲーム出版社TMG(テイスティー・ミンストレル・ゲームズ)社が収支赤字のため事実上倒産したことが明らかになった。TMG社は株主へのメールで状況を報告し、オーナーを除いて従業員は全員解雇され、ゲーム開発を行わず、当面はダイスやアクセサリー類の在庫を処分するという。

TMG社はM.ミンデス氏がユタ州を拠点に設立した出版社で、2009年に『テラプライム』と『ホームステッダーズ』でデビュー。アメリカ国内だけでなく、ドイツや日本などのゲーマーズゲームの英語版をリリースしてきた。

特にOKAZU Brand(日本)の英語版に力を入れ、これまで『横濱紳商伝』『横濱紳商伝デュエル』『エンペラーズ・チョイス』『オキドキ』『はんか通骨董市』『ジャングリラ』の英語版をリリース。『横濱紳商伝』の英語版”Yokohama”が国際的に高く評価され、TMG社の代名詞ともなった。

近年はキックスターターでデラックス版を製作していたが、2019年秋の『エンペラーズ・チョイス』のデラックス版を最後にストップ。結局、世に出ることなく、出資者には返金措置が取られることが発表された

在庫処分は「可能ならば再スタートのため」で、ゲーム開発の中止も「2、3年」としているので、再起を期待しよう。

Dicebreaker:Yokohama publisher TMG reportedly lays off staff, halts game development after “virtual bankruptcy”

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です