チップを投げ入れて鉄板焼を作る『ヒバチ』日本語版発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アソビションは8月16日、『ヒバチ(Hibachi)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.トイブナー、イラスト・K.アイトケン、2~4人用、10歳以上、45分、5500円(税込)。

スパイスを集めてブレンドするアクションゲーム『サフラニート』(2010、ツォッホ社)のリメイク。グレイルゲームズ(オーストラリア)がキックスターターを経て今年発売した。テーマはインドから和食の鉄板焼レストランに変わり、日本人には親しみやすくなっている。

順番にポーカーチップを盤外から投げ入れ、着地したところの食材(肉、椎茸、魚、玉ねぎ、ごはん、そば、エビ、卵、ブロッコリー(!))を売買できる。必要な食材にうまくポーカーチップを投げ入れられるかという、手先の器用さが試される。

またポーカーチップには金額が書いてあり、金額の多い順に購入できるが、購入金額はみんなの合計になるため、高すぎて買えなくなることも。不必要な食材の値段を上げて売却し、その利益で必要な素材を安く購入するというやりくりも問われる。必要な素材を3枚集めるとレシピを完成でき、最初に規定数完成させたプレイヤーが勝者。

素材を1枚無料でもらえるなどの追加アクションができるスペースもあり、そこも狙っていきたいところだが、人気の高いスペースはほかのプレイヤーのポーカーチップにはじき出される恐れもある。一投一投にドラマが巻き起こる作品だ。

ボドラボオンライン:Hibachi 日本語版

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です