ブックアドベンチャー『カンタループ:刑務所入獄』日本語版、8月下旬発売

ホビージャパンは8月下旬、『カンタループ:刑務所入獄(Cantaloop: Buch 1 – Einbruch in den Knast)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.フィンダイゼン、アーティスト・K.フランツほか、1人以上、16歳以上、300~720分、4400円(税込)。

ルックアウトゲームズ(ドイツ)が昨年から始めたブックゲーム「インタラクティブ・アドベンチャー」シリーズ。ページをめくり、コードからテキストを参照して手掛かりを探し、フラグをたててエンディングを目指す。

ページのコードをカードと組み合わせ、対応するパラグラフに飛び、赤いシートを重ねてテキストを読み進める。ばかばかしい選択(例えば「手紙」を「スープに入れる」とか)には、ちゃんとおバカな結果が用意されている。さまざまな場所を探索し、アイテムを見つけて組み合わせ、いろいろな人に話しかけ、物語を進めよう。

今回の主人公は“フック”・カーペンター。カリスマ性と機知に富んだ詐欺師で、腕前は超一流だったが、十年前に騙され、警察に追われることとなった。カンタループ島に戻り、全力での復讐を誓うが、その計画には仲間が必要。刑務所に「入獄」し、服役中のハッカーを連れ出そう。

一人で遊んでも、誰かと一緒に遊んでもOK。時間をかかるのでじっくり読み進めていこう。

 

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です