京から江戸への物見遊山『東海道』日本語版、8月下旬発売

ホビージャパンは8月下旬、『東海道(Tokaido)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ボザ、イラスト・X.G.ドゥラン(ナイアド)、2~5人用、8歳以上、45分、6600円(税込)。

日本文化をこよなく愛するフランス人デザイナー、A.ボザ氏の代表作で、2012年にファンフォージ社(フランス)から発売され、現在まで13ヶ国語で発売されている作品。今までなかったのが不思議なほどの日本語版の登場だ。食事や景観を楽しみながら京都から江戸まで旅するすごろく風ゲーム。

すごろくといってもサイコロで進むのではなく、空いているマスならばどこまでも進んでよい。ただし後戻りはできず、ところどころにある宿場では必ず止まらなければならない。途中で手に入るお土産などは早い者勝ちで、しかも宿場には先に着いたほうが料理が安いため、あまりゆっくり進んでもいられない。かといって飛ばしすぎるとアイテムが少ないままゴールしてしまうだろう。最後尾(江戸から最も遠い場所)にいる人が常に手番を行う。マスの種類は以下の7つ。

  1. 村・・・土産を買う。土産は小物、衣服、美術品、飲食物の4種類があり、同じ物を集めるほど得点が上がる
  2. 田畑・・・なぜかお金を拾う
  3. 景観・・・景観カードを手に入れる。海、山、水田の3種類があり、集めるほど得点が上がる
  4. 温泉・・・温泉カード(得点)を手に入れる
  5. 神社仏閣・・・お金を寄付してその分だけ得点
  6. 出会い・・・得点、お金、景観、土産。何が出るかな?
  7. 宿場・・・強制ストップ。料理を購入する

全員が江戸に到着するとゲームは終了で、得点の最も多い旅人が勝者となります。各プレイヤーは「吉保」や「光圀」などの旅人タイルを持っており、それぞれの能力を活かした旅ができるかが、あるいはほかのプレイヤーの得意分野をうまく封じられるかが勝敗の鍵となる。

フランス風味のアートワークに、一風変わったゲームシステムで、シンプルなルールながらも旅する気分が味わえる作品。

内容物:ゲームボード 1枚・旅人駒 5個、旅行点マーカー 5個、プレイヤートークン 5枚、コイン 50枚、旅人タイル 10枚、温泉カード 12枚、景観カード 60枚、料理カード 25枚、お土産カード 24枚、出会いカード 14枚、偉業カウンター 12枚他

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です