落としてつなげて『フィッシュクラブ』日本語版、6月4日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

クレーブラットは6月4日、『フィッシュクラブ(Fish Club)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・D.ウェクスラー、2人用、6歳以上、5分、3,960円(税込)。

交互にコマを水槽の中に落とし、自分の色で5つ繋げることを目指す変形五目並べ。自分の番には自分の色の魚コマか、お邪魔コマ(タツノオトシゴ、小魚、貝、ヒトデ)を水槽の上から落とす。交互に繰り返して自分の色のコマが先に5個つながったほうが勝利となる。

どこに落とすかが考えどころだが、落としたコマは本物の魚のように水槽を跳ね回り、狙ったところになかなか落とせないのがポイント。お邪魔コマの存在や、自由落下による反射や押し出しで、先が読めない展開が楽しめる。

オリジナルはブルーオレンジゲームズ(フランス)から2020年に発売された。デザイナーは縦型四目並べ『コネクトフォー』のH.ウェクスラーの息子。

内容物:水槽 1個、赤色の魚 9個、青色の魚 9個、タツノオトシゴ 4個、小魚 4個、貝 2枚、ヒトデ 2個

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です