ホッタイモイジンナ(What Time Is It Now?)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空耳スキルを磨く

カードで組み合わせられた外国語の単語をスマホで聞いて、日本語で何と聞こえたかを合わせるコミュニケーションゲーム。梟老堂がワールドワードゲームフェスティバル2019で発表したものが話題となり、今春クレーブラットから一般発売された。旧版ではグーグル翻訳を使って音声を流していたが、新版では一言語増えたほか、ネイティブが録音した音声が聴けるようになり、さらにホワイトボードとペンが付いた。

ウクライナ語、ウルドゥー語、タイ語、テルグ語から1つ選び、その言語からカードをランダムに2枚選ぶ。文字は読めないので付いている番号をスマホで開いた専用サイトに入力し、音声を流す。何回か聴き直しても良い。

各自、それが何と聞こえたか、自分のホワイトボードに日本語で書く。全員が書いたら発表して、部分一致・完全一致で得点が入る。これを何ラウンドか繰り返して、得点の多かった人が勝者となる。

タイ語にはほとんど確定的なものがあるが、その他の言語は聞こえ方が人によって分かれる。はじめは聞こえたままを書くだけが、ゲームが進むにつれて、脳内で補ったり改変したりして面白いことを書きたくなり、メンバーによってはいつの間にか大喜利ゲームのようになることもある(ほかの人とかぶらなくて無得点でも、ウケれば満足できる)。

どう聴いても日本語にしか聞こえないときは書く前から笑いがこらえきれず、日本語に聞こえないときは脳内変換の上手さに唸る。笑いあり、感心ありで広く楽しめるゲームだ。

ホッタイモイジンナ
ゲームデザイン・福夕郎/イラスト・やまぐちかおり
梟老堂(2019年)+クレーブラット(2021年)
2~6人用/14歳以上/15分
イエローサブマリン:ホッタイモイジンナ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です