アマタノ儀式(A Lot of Rituals)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伝えたい単語がないときは?

さまざまな人工言語で指示をして、4つのアイテムで儀式を行うコミュニケーションゲーム。よぐゲームズがゲームマーケット2021大阪で発表した。10分間で10問をクリアする協力ゲームモードと、正解によるポイントを競う対戦ゲームモードがある。

カードの組み合わせで「何を」「どうする」が決められるので、師匠(親)は辞書を見ながら今回の言語で指示する。通訳者はその指示を聞いて、ほかのプレイヤーに日本語で指示する。ほかのプレイヤーはその指示を聞いてアイテムをもったりもたなかったりし、今回の「呪文」を唱える。正解ならば師匠が正解であることを宣言して次のお題へ。こうして10分以内に10問クリアするのが協力ゲームモードだ。

チュートリアルで使う「レンシュー語」では例えば、師匠が「マルマナッチュ、レフタルデデツーカ(自然の丸いものを左手で持つ)」と言い、通訳が辞書を見ながら「石を左手で持ち、ジュモモーンと言ってください」というように指示する。他の人がその通りにできれば師匠が「イエース」といって次のお題へ。

いちいち辞書を見ていると時間がなくなるので、よく使う言い回しはできるだけ早く覚えてシェアしないと、時間内では終わらないだろう。

1ゲームでは1言語しか使わないが、全部で26の言語が本になって収録されている。使うアイテムと行動は変わらないが、肝心の単語がなかったり、どの単語も非常に似通っていたり、辞書の解読が必要になったりして一筋縄では行かない。師匠には創造力が、通訳には解釈力が、他のプレイヤーには理解力が求められる。

それでも最初はたどたどしかったのが、時間が迫るにつれてネイティブ?と思うくらいになってきて心地よい。次第に他プレイヤーが師匠の言葉で直接儀式ができるようになれば、通訳はちょっと補うだけでよい。聞いたこともない言葉で通じ合うことで生まれる一体感が、協力ゲームの醍醐味を引き立たせている。

アマタの儀式
ゲームデザイン&アートワーク・赤瀬よぐ
よぐゲームズ(2021年)
3~6人用/10歳以上/20~30分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です