紅茶ロマン紀行(Romantic Tea Trip)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高い紅茶も安い紅茶も必要

カードの効果で茶箱を手に入れ、価値を高めて、カードを購入するロンデル&セットコレクションゲーム。植民地戦争+αがゲームマーケット2021春で発表した。カードが購入されるたびにロンデルの中身が入れ替わり、新しい戦略がどんどん生まれる。

カードを円形に並べ、各自のウサギコマを置いてスタート。手番には自分のウサギコマを1~3マス移動し、移動先のカードの効果を使って茶箱を手に入れたり価値を上げたりするか、茶箱を支払ってカードを購入する。カードには得点があり、合計100点以上になったプレイヤーが勝つ。

美味しそうな紅茶や、名産地が描かれたカードの効果はどれもユニークで、しかも購入されると新しいカードが登場する。自分の茶箱の状態と購入したいカードによって、新しい茶箱がほしいのか、それともすでにある茶箱の価値を上げたいのかが変わり、カードを回る順番を考える必要がある。

ところが同じロンデルを他のプレイヤーも回っているため、立ち寄る予定のカードに先に止まられたり(使用料が発生する)、あるいは購入されてしまったりして、作戦変更を余儀なくされることが頻繁にある。茶箱の価値がマックスになっているときに価値を上げるマスしかないというような事態にならないようにしたい。

購入したカードは、「獲得したカードを使える」というアクションで自分だけが使うことができ、一種の特殊能力のようになる。ロンデル上で行き詰まっても、購入したカードのアクションで打開できるかもしれない。

紅茶を取り扱っている感じはあまりしないが、種類の異なる貨幣価値をうまく操作して効率的に(他のプレイヤーに先を越されないように)お買い物をするゲームとして魅力的な作品である。紅茶の薀蓄が書かれた「エッセンス本」が付属する。

紅茶ロマン紀行
ゲームデザイン・千夜一葉、イラスト・猫転餅
植民地戦争+α(2021年)
2~4人用/10歳以上/20~40分
BOOTH:紅茶ロマン紀行

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です