オモゾンクライム(Omozon Crime)

このエントリーをはてなブックマークに追加

この素敵なAEDが、今だけ半額で!

通販番組のうさんくささはついていけない。アナウンサーも巻き込んだわざとらしさ、もうひとつ付いて同じお値段という不思議、「限定○セット」「今だけ」「○分以内」という煽り……そっとチャンネルを変えることになる。

そんな通販のうさんくささをゲームにして楽しもうというのがこの作品。親が指定したお題に答える商品を、自分のスマホの通販サイトで注文/閲覧履歴から選び出してプレゼンするコミュニケーションゲームで、アクサン・シルコンフレックスがゲームマーケット2021春に発表した。こじつけたおすすめ商品に、うさんくさい画像カードの相乗効果がすごい。

親は3枚の単語カードから組み合わせて「今ほしいもの」を発表し、注文履歴か閲覧履歴のどちらかを指示。各自自分のスマホで通販サイトを開いて、指示された履歴をずらっとみて、単語カードに合いそうなものを1分以内で決める。その商品画像を出したまま、手持ちの画像カードを並べて発表。

親は最も魅力的だと思ったものをひとつ選んで、スターをあげる。親を一周して、スターが多かった人の勝ち。

親が発表した「今ほしいもの」に履歴がマッチすることはまずなく、苦しまぎれのこじつけを余儀なくされる。横につけた画像カードがどれもうさんくさいものばかりで、こじつけのおすすめがさらに不自然になり、笑いとツッコミを生むことになる。でもときに一周回って妙に説得力を持ち、本当に買ってみようかなと思わせるのが面白い。

「なんでそんな商品閲覧したことがあるんですか?」でさらにひとしきり会話が弾む。

オモゾンクライム
ゲームデザイン・こやしゅん/アートワーク・石原幽平&勝林
アクサン・シルコンフレックス
3~6人用/13歳以上/15~30分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です