NGワードに気をつけて即興劇『千両アクター』4月26日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

幻冬舎は4月26日、カードゲーム『千両アクター』を発売する。ゲームデザイン・twenty four souls、3~6人用、10歳以上、10分、1760円(税込)。ゲームマーケット2021春ではJELLY JELLY CAFEブースで見本が展示される。

即興劇中にNGワードを言ってしまったら負けというコミュニケーションゲーム。ゲームマーケット2020大阪でtwenty four soulsから発表された『ダイコンアクター』をリメイクした。

プレイヤーには「屋敷での殺人」などのシーン設定と、「探偵」「被害者の兄」「被害者の妻」といった役が割り振られ、同時に自分だけが見えないようにNGワード(カテゴリー)が与えられる。登場人物になりきって5分間で自由に即興劇を行い、劇中でNGワードを言わず、千両役者だった人(もっとも役になりきっていた人)が勝ちとなる。

相手にNGワードを言わせるために強引に誘導したり、見えない自分のNGワードを意識するあまり、演技がたどたどしくなったりと、役者ぶりとおかしな展開が笑いを誘う。オンラインでのリモートプレイも可能。

内容物:シーン設定カード 15枚(30題)、NGワードカード 55枚、NGアクションカード 5枚、アクトカード 6枚、NGカードスタンド 6枚、説明書

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です