ピースをアップグレードしてパズルを完成『プロジェクトL』多言語版、5月下旬発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは5月下旬、『プロジェクトL』の日本語を含む多言語版を発売する。ゲームデザイン・J.ソーカル&M.ミケシュ&A.シュパネル、アートワーク・M.ロスコット、1~4人用、8歳以上、30分、4400円(税込)。

ボードキュベーター(チェコ)がキックスターターを経て2020年に製品化した作品。1~4マスのポリオミノ(多角形)ピースを増強してパズルを完成させる。

各プレイヤーは1マスと2マスのピースをもってゲームを開始する。手番には3アクションを使って、パズルの獲得、場の交換、新しいピースの獲得・交換・アップグレード・ダウングレード、パズルへの配置を行う。

パズルは『ウボンゴ』のように枠内の全てのマスを埋めるというもので、完成したら得点と共に、新しいピースが手に入る。こうして黒パズルの山が切れたらゲーム終了。残ったパズルに、得点を引いて手持ちのピースを配置できる。完成しないパズルは減点で、総合得点を競う。

序盤はパズルの完成に多くの手番がかかるが、次第にピースが充実するにつれて、複雑なパズルも少ない手番で完成できるようになる。ライバルより先にどんどんパズルを完成させて高ポイントを目指そう。ピースは全てプラスチック製で、二層式のパズルに気持ちよく収まる。1人用ルールあり。

内容物 パズルピース90個、パズル52枚、プレイヤーガイド4枚、多言語版ルール

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です