数字が分からないトリックテイキング『luz-ルイス』4月12日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・上野のボードゲームカフェ「コロコロ堂」は4月12日、トリックテイキングゲーム『luz-ルイス』を発売する。ゲームデザイン・新澤大樹(倦怠期)、アートワーク・高畑慧、3~4人用、10歳以上、30~45分、2200円(税込)。ゲームマーケット2021春ではEngames&コロコロ堂(A05)で先行販売される。

トリックテイキングゲームを専門に発表しているサークル「倦怠期」がゲームマーケット2014秋に発表した作品をリニューアル。手札の数字がわからない状態で何トリック獲得できるかを予想するインディアンポーカー風のビッド式トリックテイキングゲームだ。

配られたカードは数字をみんなに見えるように置き、自分からは色しか分からない。各色の数字はとなりの人に昇順に並べ替えてもらい、ゲーム中に少しずつ強弱が分かってくる仕組み。その中で自分が予想した通りにトリックを取るようコントロールしなくてはならない。

トリックテイキングゲームはゲームマーケットで人気のジャンルで、毎回数多くの新作が発表されているが、数年経って別の会社から発売されるものは少ない。色褪せない魅力を堪能しよう。

内容物:カード 54枚(57mm×88mm)、チップ 19枚、説明書(日本語・英語)

コロコロ堂:luz-ルイス

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です