「Kaiju on the Earth LEGENDS」シリーズ始動、第1弾はゴジラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトとドロッセルマイヤーズは10日、怪獣をテーマにしたボードゲームの新シリーズ「Kaiju on the Earth LEGENDS(カイジュウ・オン・ジ・アース・レジェンズ)」を始動することを発表した。第1弾はゴジラで、1対多の新作(正式タイトル未定)が2021年冬から2022年春頃に発売される予定。

TM & © TOHO CO., LTD.
© 2021 Arclight, lnc. / Drosselmeyer & Co. Ltd.

国内ボードゲームデザイナーを起用し、怪獣をテーマにしたオリジナル作品をシリーズ化してきた「Kaiju on the Earth」シリーズ。第1弾『ボルカルス』と第2弾『レヴィアス』で累計2万セットを突破し、第3弾『ユグドラサス』は今年6月に発売を控えている。この好調を得て、新シリーズが立ち上げられることになった。

「Kaiju on the Earth」シリーズではオリジナル怪獣が登場するのに対し、「Kaiju on the Earth LEGENDS」では誰もが知っているレジェンド怪獣が登場する。その第一弾には1954年の映画公開以来、国際的な人気を誇る怪獣王ゴジラが取り上げられる。映画・アニメ・ハリウッド版でこれまでに35作品が制作され、TVアニメ化やハリウッド新作の発表など、話題の途切れない存在だ。

ゴジラのボードゲームは東京が舞台で、 ゴジラ側プレイヤー1人と人間側プレイヤー複数人で対戦する。ゴジラ側プレイヤーは強力な熱線攻撃で東京の人々を襲い、各地にあるランドマークを破壊していく。一方の人間側プレイヤーは、ゴジラの侵攻を回避しながら、避難経路を確保し、市民を周辺の県へ逃がしていく。

概要は『ボルカルス』と共通するが、アレンジではなく完全新作。ルールは「Kaiju on the Earth」シリーズよりもシンプルで、カジュアルに楽しめるシリーズ入門編に位置づける。

一方、「Kaiju on the Earth」シリーズは『ユグドラサス』の後、シーズン2としてさらに数タイトルが発表される。こちらも正式タイトルやデザイナー名は未発表。

コロナ明けとともに、大怪獣の時代が到来しそうだ。

Kaiju on the Earth公式サイト

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です