ドクロを集めて死者を復活『デッドマンズ・カバル』日本語版、6月5日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは6月5日、『デッドマンズ・カバル(Dead Man’s Cabal)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・D.ニューマン、イラスト・H.ルドバイセン&D.メドリ、2~4人、12歳以上、60分、6500円(税別)。

ネクロマンサー(死霊術師)になってルーン文字を研究し、できるだけ多くの死者を蘇らせるゲーム。オリジナルはパンダサウルスゲームズ(アメリカ)からキックスターターを経て2019年に発売された。

死者を復活させるにはボディ、ドクロ、ルーン文字を集めて、儀式を行うことが必要。それぞれアクションが用意されており、誰かがアクションを行うと全員が同じアクションをフォローできるバリアブルフェイズオーダーのメカニクスを取る。また各アクションでは支払う骨によってできるアクションの数が異なり、リソースマネージメントの要素もある。

ボディで指示されたドクロを集め、儀式を行うと死者が復活する。その際に指定されたルーン文字を出せばキューブを置くことができ、ドクロの色ごとのマジョリティー争いもある。誰かが7体の死者を復活させたらゲーム終了。復活させた死者の得点とマジョリティーで合計点を競う。

人骨、ドクロなどのコンポーネントはリアルな形をしており、ドクロがボードに並べられると本当に儀式を行っているような妖しげな雰囲気が漂う。

内容物:ゲームボード 1枚、個人ボード 4枚、カード139枚(63×88㎜)〈内訳:デザインカード 50枚/契約カード 24枚/施設カード 24枚/人材カード 24枚/クレジットカード 10枚/ローンカード 3枚/早見表カード 4枚〉、ファッションショータイル 10枚、品質トークン 30枚、トレンドトークン 19枚、広報トークン 15枚、名声トークン 37枚、系統トークン 10枚、任意系統トークン 4枚、得意分野トークン 5枚、勝利点マーカー 4個、親トークン 1枚、手番順タイル 1枚、手番順トークン 4枚、貨幣トークン 76個、生地コマ(木製/全6色) 72個、アクションコマ(木製/全4色) 12個、維持マーカー(木製/全4色) 8個、ラウンドマーカー(木製) 1個、木製コマ用ステッカーシート 1枚、ルール説明書 1冊

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です