タングルウィード(Tangle Weed)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明日は明日の風が吹く

枯れてちぎれた珠が、風で転がって種を増やす植物群「タンブルウィード」。西部劇によく出てくるこれを育成して販売するボードゲームである。ゲームマーケット2020秋にEJPゲームズから発表された。手芸毛玉を使ってリアリティを高めている。

毎ラウンド、タイルと種がマーケットに並べられ、手番順に購入などのアクションを行う。序盤はカツカツなので、購入するものを絞らざるを得ない。その後で4面ダイスを振り、風向きが決定される。各自のタイル上にあるタンブルウィードはこの方向に行き止まりまで動き、途中に種をこぼしていく。その後でタンブルウィードを今回の相場で販売でき、最後に種が株に、株がタンブルウィードに成長する。

高く売るには単色のタンブルウィードを交配して、赤と青で紫、赤と黄色で橙、青と黄色で緑のタンブルウィードを作らなければならない。さらに紫、橙、緑は2つを交配すると、最高級の黒タンブルウィードができる。できあがってもすぐには売らずに、盤面を転がして増やせばどんどん儲かるだろう。

とはいえゲームは7ラウンドしかなく、種がタンブルウィードになるまでは3ラウンドかかるため、黒タンブルウィードができるのはどうしても終盤になってしまう。そのスピードを上げるのが助っ人である。助っ人は毎ラウンド1人だけ早いもの勝ちで獲得でき、アクション外で使用できる。助っ人は5人いて、促成栽培したり好きな方向に風を吹かせたりできる。

高級品種のタンブルウィードは、どの方向に風が吹いてもそこそこ増えるようにするか、一か八かである方向に吹いたときにはメチャクチャ増えるようにするか迷う。風向きの運の要素はかなり大きく、ギャンブル的である。

タングルウィード〜緑をかけぬけうまれる種〜
ゲームデザイン・ミズノタカユキ、イラスト・花鈴&真宮ひろ
EJPゲームズ(2020年)
2~4人用/10歳以上/60分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です