マーダーミステリーゲーム『ホワイト・レイヴン、レッド・ダイ』『マーダーミステリー・オブ・ザ・デッド』4月16日発売

グループSNE/cosaicは4月16日、マーダーミステリーゲーム『ホワイト・レイヴン、レッド・ダイ』(ゲームデザイン・安田均&柘植めぐみ、6~7人用、15歳以上、150分)と『マーダーミステリー・オブ・ザ・デッド』(ゲームデザイン・秋口ぎぐる&森川秀樹、7~8人用、15歳以上、150分)を発売する。アートワーク・タンサン、各3200円(税別)。ゲームマーケット2021大阪と2021春にて先行販売される。

パッケージ型オリジナルマーダーミステリーシリーズ第8弾・第9弾。ゲームマスターなしでプレイできる。

『ホワイト・レイヴン、レッド・ダイ』は閉鎖の決まった「赤染山スキー場」が舞台。思い出を語り合うため、山頂小屋へと招待された馴染みの客たちに、地元の大鴉の伝承にまつわる不気味な歌が小屋に流れ、翌朝、参加者の令嬢が死体で発見される。しだいに明らかになっていく赤染山の黄金伝説と、3年前に起きた痛ましい事故。ゲレンデをスキーで滑る先で待つのは、真実か悲劇か?

シナリオ執筆ではグループSNE代表の安田均氏と柘植めぐみ氏がシリーズ初登場。本格推理シナリオが楽しめる。

『マーダーミステリー・オブ・ザ・デッド』はゾンビ化ウィルスの感染拡大による世界滅亡後のショッピングモールが舞台。生き残った人々の元に現れた白衣の男は「抗体が見つかった。これでゾンビ化を抑えられる!」と告げたのち、何者かに殺害されてしまう。各地で「ゾンビ信奉者」たちによる襲撃事件が続発し、謎の絞殺魔の噂が流れる。次々と姿を消していく生存者と、夜な夜な地下から届く歌声の謎を解き明かし、「安全圏」へ至る者は誰か?

シナリオ執筆は秋口ぎぐる氏がシリーズ4作目。『わたしの旦那はタイムトラベラー』などライトノベル作家の森川秀樹氏と共に、幾重にも分岐するマルチエンディングに仕上げた。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です