空耳パーティーゲーム『ホッタイモイジンナ』4月10日一般発売

クレーブラットは4月10日、『ホッタイモイジンナ』を発売する。ゲームデザイン・福夕郎、イラスト・やまぐちかおり、2~6人用、14歳以上、15分、2500円(税別)。プレイするためにはインターネットに接続できる機器が必要。

オリジナルは梟老堂がワールドワードゲームフェスティバル2019で発表した外国語の空耳パーティーゲーム。タイトルは”What time is it now?”から。「言われてみれば確かにそう聞こえる」をみんなで楽しめる。

言語を選んで2枚のカードを取り、選んだカード番号の音声を音声サイトをみんなで聴く。日本語で何と聞こえたかをホワイトボードに書き、一斉に発表。他のプレイヤーと答えが一致していれば得点となる。

2019年版ではタイ語、テルグ語、ウルドゥー語が収録されていたが、今回新たにウクライナ語を収録。さらにGoogle翻訳の音声読み上げではなく、専用の音声サイト(PIXELGRAM)を用意し、ネイティブがゲームのために新規録音した音声が聴けるようになった。また回答用ホワイトボードが同梱されている。

内容物:お題カード 80枚、マーカー 6本、ホワイトボード 6枚、説明書 1枚

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です