協力して注文をさばく『新米オーナー、見習いスタッフたちとレストランを救う。』日本語版、4月10日発売

ホビーベース・イエローサブマリンは4月10日、『新米オーナー、見習いスタッフたちとレストランを救う。(Dim Sum Jam)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・L.シャオ、イラスト・みちばた&イカ、2~5人用、8歳以上、15分、2500円(税別)。

親から突然任せられることになったレストランで、てきぱきと料理を提供する協力ゲーム。オリジナルは2019年、ブロードウェイトイズ(香港)から発売されたもので、舞台を中華料理店から英国風レストランに変え、イラストを一新しての日本語版である。

手番には、注文カードに書かれている料理に合う料理トークンを出す。料理トークンには番号があり、前の手番で出された番号に対応する料理にしか出せないという制限がある。制限時間は砂時計で3分だが、注文カードを1枚完了させれば砂時計をひっくり返すか、ジョーカーの料理トークン(執事)がもらえる。

こうして16枚の注文カードを次々と達成し、その中に1枚だけ入っているVIP注文カードを完了させれば全員の勝利。その前に注文デッキがなくなるか、 出せる料理トークンがない時に受け取る苦情トークンが3枚になったら敗北となる。

制限時間はあるがリアルタイムではないため、先の先まで読んだプレイヤー間の相談が求められる。さらにジョーカーの料理トークンをなくしたり、相談禁止にしたりするなど、難易度を上げるルールも入っており、一度成功しても何度も挑戦できるようになっている。

内容物:ルールブック 1冊、 注文カード 41枚、 受付カード 1枚、 テーブルカード 7枚、 砂時計 1個、 料理トークン 49枚、 苦情トークン 3枚、 リバーストークン 1個、 執事トークン 2個、 ポーチ1個

イエローサブマリン:新米オーナー、見習いスタッフたちとレストランを救う。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です