マンカラでお買い物『くだものあつめ』日本語版、2月4日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは2月4日、『くだものあつめ(Fruit Picking)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・jun1s、イラスト・R.アムトール、1~4人用、8歳以上、15~30分、3000円(税別)。

オリジナルはゲームマーケット2014秋にちゃがちゃがゲームズから発表された。その後再版を重ね、コリア・ボードゲームズ(韓国)でアートワークを変えて英語・韓国語版にしたものが逆輸入で日本語版になった。伝統ゲーム『マンカラ』のメカニクスを取り入れたセットコレクションゲーム。

手番には環状に並んだカードから1枚を選んで、その上にあるタネを全部取り、1個ずつ隣のカードに移していく。最後の1個を置いたところにある果物のカードが購入でき、これを集めて全種類1枚ずつか、1種類4枚か、2種類2枚+3枚か、3種類2枚ずつにすれば勝利。

カードの購入も並んだカードのうち、家にあるタネで支払う。自分が集めたい果物と他プレイヤーに取らせたくない果物の選択に加え、コストも考えなければならない。シンプルな手順ながらパズル思考と駆け引きが味わえる作品。「フルーツ神」の称号を目指すソロゲームも収録し、カラフルなイラストにかわいらしい木製の種コマ、種がこぼれにくい特殊な2層ボードなど、遊びやすいコンポーネントも見どころだ。

内容物:農場タイル 24枚、タネ 72粒、市場カード 30枚、市場島ボード 1枚、農場ボード 4枚、ルール説明書 1冊(カードサイズ:44×63mm)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です