広い街から場面を探し出せ『ミクロマクロ:クライムシティ』日本語版、12月下旬発売

ホビージャパンは12月下旬、『ミクロマクロ:クライムシティ(MicroMacro: Crime City)』日本語版を発売する。ゲームデザイン&イラスト・J.ズィッヒ、他イラスト・D.ゴル&T.ヨヒンケ、1~4人用、8歳以上、15~45分、3600円(税別)。

シュピールヴィーゼ出版(ドイツ)から今秋発売され(販売はペガサスシュピーレ)、シュピール・デジタルのスカウトアクションで1位を獲得した作品。大判のマップの中から、『ウォーリーをさがせ』の要領で犯行現場、被害者、犯人、動機などを探し出して事件を解決する協力ゲームだ。

16の事件が入っており、それぞれの事件は、5枚から11枚の事件カードで構成されている。事件ごとにカードに課題が指示されており、大判のマップ上に描かれている場面を見つけることで解決となる。課題を順番に解決することで捜査は進み、最後のカードの課題の解答を見つけられれば解決となる。

指定されたものを見つけるたびにストーリーが進行し、犯人の動機や証拠が明らかになっていく。人物や建物などがびっしりと描かれた町のマップから特定の場面を発見して事件を解決する、今までにないタイプの協力ゲームだ。

公式ウェブサイト でサンプルをプレイできる。

内容物:大判(75×110cm)の町のマップ 1枚、ルールブック 1部、 封筒 16枚、拡大鏡 1個、事件カード 120枚 他


(写真は英語版)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です