『スリードラゴン・アンティ:レジェンダリー・エディション』日本語版、12月下旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは12月下旬、『スリードラゴン・アンティ:レジェンダリー・エディション(Three-Dragon Ante)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.ヘインスー、イラスト・M.ブルークス&C.フィリップス&T.ヨフム、2~6人用、14歳以上、30分、3500円(税別)。

TRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のキャラクターを使ったカードゲームで、オリジナルはウィズキッズ社(アメリカ)から2005年に発売された。日本語版はホビージャパンから2008年に発売されていたが、拡張セット『エンペラーズギャンビット(2010年)』と同梱して2019年に再版されたものがこのたび日本語版となった。ドラゴンを使ったカジノゲーム。

手札から一斉にカードを出して今回の賭け金を決めた後、順番に1枚ずつカードを出していく。3周で3枚のカードを出したとき、3枚の合計が一番強かったプレイヤーが賭け金を得る。誰かの持ち金がなくなったとき、最も賭け金の多いプレイヤーが勝利する。

前のプレイヤーより弱いカードを出すと、カードを引いたり他のプレイヤーからカードを奪ったり、賭け金をくすねたりといった効果が発動し、強いカードがなくても工夫次第で戦える。

単独でもプレイできるが、TRPG版と組み合わせるルールもある。

内容物:基本のドラゴンのカード:70枚/定命の存在のカード:15枚/レジェンダリー・ドラゴンのカード:15枚/金貨のコマ(紙製):60個/プラチナ貨(金貨10枚相当)のコマ(紙製):30個/『スリードラゴン・アンティ™』と『Dungeons & Dragons』を組み合わせて遊ぶための3DA特徴トークン:6枚/ルール参照カード:6枚/ルールブック


(写真は英語版)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です